メロディ(ライブ音声一部)

11/12、チキンジョージにて

プロフィール

ワライオン

Author:ワライオン



神戸を中心に活動している全裸系(?)ベースレスユニット、笑音(ワライオン)です!
2008年4月に結成し、各地でライブを行っています。CDも発売中です☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジシャン

ある映画を見てから、マジシャンになりたいと思い始めたとみーです。


最近また、DVDを借りて見るのにハマっている僕ですが、「プレステージ」という
映画はめっちゃ面白かった!!!!

この映画のストーリー。早い話が、

2人のマジシャンの対決!!!

対決といっても、マジック対決をするのではなく、マジックのネタを盗んだり、暴いたり、足をひっぱり、ひっぱりかえしといった内容です。こう聞いてしまうとなんだ、その内容は!と思うかもしれませんが、彼らはマジックに命をかけ、そして、人生をかけているのです。

そんな2人ですから、足のひっぱりあいといっても鬼気迫る物があるのです。もとい、足のひっぱりあいというのは聞こえが悪い。相手のいいところを盗み、相手を蹴落とすためにタネをあばき、演技をできなくさせ、失脚させてしまおうという作戦です。

そして、2人のマジシャンの心理、生活も描かれていますし、しずかですが、話の間や雰囲気が実いい!!グッと映画に引きつけられます。

昔のマジックは、今のように安全な物や科学的な物はなく、動物を殺したり、失敗すると自分の命も危うかったり、結構危険なのです!!!!知らなかった。

サスペンス映画なので、
推理をするのも楽しいところです。

マジックといえば、やっぱりミスディレクションですね。ミスディレクションて何ですと?ミスディレクションというのは、本当に見せたくない部分を見せないように別のところに目を向けさせ、その間にトリックを成功させる、というような意味でっす。

例えば、「この右手ににぎったボールを皆さんみてください」といって観客をボールにくぎづけにしている間に、左手でこっそりタネを仕込んでササササッとね。

このサスペンス映画のいいところは、ストーリー展開もよく、最後への伏線もきちんと教えてくれる親切設計!たまにある製作者だけが知っている情報がラストでいきなり出てくる!!!ような事は一切ありませんので、ご安心をば。

ぜひとも、色々と推理しながら見ることをおすすめします。

とても親切、かつ巧妙、そして、マジックとサスペンスの融合にふさわしい映画という気がします。155分、飽きることなく見ることができます。

そして、マジックですので、推理するのもいいですが、推理し、考え考えあぐね、「あっ!そうだったの、え?あれも。これは分かったけど、まさかここもこうなっていたとは。」という楽しみを味わえると思いまーす。

良品印のサスペンス映画、ここに登場です。

サスペンス好きな方も、休日にもおすすめでっす。騙し、騙され、怪しいところに目を向けさせられていると・・・ なんとも「あっ!!!!」なラストに唸る~。


またオススメ映画あったら紹介します!!
スポンサーサイト

<< 12月 | ホーム | 龍馬が死んでしもうた >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。